新宿芸術家協会公演Vol.25「日本橋を踊る!」6月24日(金)開催

いよいよ、新宿芸術家協会が贈る、「日本橋」をテーマにした多ジャンル舞踊公演6月24日(金)開催です。テーマによる作品集「日本橋を踊る!」のみならず、自由テーマによる熱演「ダンス リベルテ」も必見です。

プログラム順は第1部はチラシのとおり、第2部には変更があります。

新宿芸術家協会公演〜現代のカオス新宿より〜

The Dance Gathering Vol.25 日本橋を踊る!

6月24日(金)18時45分開演(18時15分開場)

※終演は20時34分を予定しております。

於:日本橋公会堂(日本橋区民センター4F)東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1

<第1部 ダンス リベルテ>(自由テーマの作品集)

1.原体剣舞連  黛民族舞踊団

2.Desert  大川紗季

3.xin  鈴木彩乃

4.SENSE  梅原初美

5.旅立ちのとき  和田寿子

6.Benamorに  小林伴子

<第2部 日本橋を踊る!>(19時35分より)

1.序〜日本橋良いとこ玉すだれ  雑賀淑子 八房角筈

2.落花流水  曲沼宏美

3.相聞〜日本橋川  花柳奈光

4.麒麟  小林祥子

5.水夢  鈴木恵子

6.空をさがす  山名たみえ

7.オッペケペ 海を渡る〜音次郎と貞奴〜  西川箕乃三郎 大谷けい子

※曲沼宏美作品タイトルは、「落花流水」です。

※第2部は、山名たみえ「空をさがす」が6番目の上演となります。

当日券(5,000円)の販売もございます。

<ご来場の皆様へ>

なお、ご来場の際は、ホール内ではマスクの着用、検温、手指の消毒など、新型コロナ感染症対策にご協力ください。

また、終演後のロビーでのご面会も密の状態を避けるためにお断りいたします。

毎年多ジャンルの舞踊のおもしろさをご覧いただけると好評を博している新宿芸術家協会公演、

6月24日日本橋公会堂へのご来場をお待ちしております!

公演のメイキング動画 アップ!

新宿芸術家協会 〜現代のカオス新宿より〜

The Dance Gathering Vol.25 日本橋を踊る

2022年6月24日(金)PM6:45開演

於:日本橋公会堂

いよいよ公演開催の月となりました。

この度、公演で上演する各作品メイキングなどの動画を

YouTubeにアップいたしました!

下記のURLをタップしていただくと、

新宿芸術家協会のYouTubeチャンネルでご覧いただけます。

⬇️ ⬇️ ⬇️

https://youtu.be/mGFCxvyyRXM

出品者達は、動画でご覧いただけるとおり、熱い想いでリハーサルを重ねています!

そして、企画委員が何度も企画のための話し合いを重ねることで一体感のある舞台を創り上げることが可能となり、多くの方の好評を得ている新宿芸術家協会公演、本年も、企画委員達は舞踊ジャンルが異なるとはいえ、等しく舞踊への情熱を持つ面々、想いは1つ、本番を迎える日を楽しみに会議を重ねております。

公演は、第1部が自由な発想による作品集、第2部は当協会恒例のテーマによる創作作品集となっております。本年は、開催地である日本橋に因んで、ずばり「日本橋を踊る」です。

本拠地新宿の四谷区民ホールが改修中のため、初めて新宿区外の日本橋公会堂での開催となりましたが、日本橋公会堂はとても素敵なホールで、全指定席となっていますので、ゆったりとご覧いただけます。

◇ アクセス 東京メトロなど、地下鉄ご利用が便利です。

 半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩2分
 日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩5分 他

◇ 入場料

 前売り指定席:4,500円 当日指定席:5,000円 

※プレミアム指定席 5,500円は、SOLD OUT。

・チケットは、出品者、または、下記の公演事務局にお問合せください。

TEL 03−3320−9834  FAX 03−3320−9836 (スタジオK 大谷)

この他、新宿区民無料招待(20名、広報しんじゅく5/25号掲)にも、まだ空きがございます。こちらも公演事務局にお申込みください。

初夏の宵 アートを楽しみ 心癒されるひとときを!

皆様のご来場をお待ちしております。



2022年 新宿芸術家協会公演は「日本橋」を踊る

毎年、様々なジャンルの舞踊を楽しめる公演として、好評を得ている新宿芸術家協会公演。

本年6月24日(金)夜18時45分より、今回は本拠地新宿を離れて、日本橋公会堂で現代のカオス新宿の舞踊家による公演を開催します。

新宿芸術家協会 〜現代のカオス新宿より〜

The Dance Gathering Vol.25 日本橋を踊る

2022年のテーマは「日本橋」です。

テーマの部に先立って上演される第1部 ダンス・リベルテでは、日本民族舞踊の楽しさ・面白さを伝える黛民族舞踊団、大ベテラン和田寿子のソロ作品振付、熟練舞踊家小林伴子が岡田昌己の原案によるスペイン舞踊を踊るなど、見どころ満載。また、注目される酒井銀丈の振付作品を踊る、意欲溢れる若手舞踊家大川紗季、中村隆之介振付作品で参加の梅原初美、自作では初参加となる鈴木彩乃ら、若いエネルギーにも期待のできるプログラムとなっております。

そして、第2部「日本橋を踊る」、こちらは、新宿芸術家協会設立から32年の歴史の中で多くの傑作を生み出してきた雑賀淑子が、南京玉すだれの八房角筈と共に華やかに幕を開けます。Creation Dance of Asiaという独自のスタイルを創り上げようという意欲に満ちた曲沼宏美、確かな作品創りを見せるベテラン現代舞踊家山名たみえ、美しい日本舞踊を見せる花柳奈光、独特のテーマ解釈をする小林祥子、中国舞踊・インド舞踊・マレーシア舞踊のコラボレーション作品を創る鈴木恵子ら、これまで、独自の発想でテーマに取り組み公演を盛り上げて来た女性舞踊家たちが、今回も舞踊への熱い想いで、様々な「日本橋」を踊ります。そして、日本舞踊の西川箕乃三郎がダンス・ネオ・シノワーズの大谷けい子とのコラボレーションで、新宿芸術家協会公演初参加します。

今後、公演予告動画などもアップロードも企画しております。

舞踊を愛するメンバーが、心をこめて創り上げる舞台。ご期待ください!

#2022年新宿芸術家協会公演 #日本橋を踊る #2022年6月24日日本橋公会堂

2021年新宿芸術家協会公演5月29日開催!

2021年、新宿芸術家協会が心潤う時間をお届けします

新宿芸術家協会30+1周年記念公演

The Dance Gathering Vol.24

現代のカオス新宿を踊る〜内藤新宿から未来へ〜

2021年5月29日(土)

17時開演(16開場)

四谷区民ホールにて

入場料: 前売り指定席 4500円  

     プレミアム指定席 5500円

※区民招待あり(広報しんじゅく掲載予定)

本公演は、新型コロナ感染予防対策を行なって開催いたします。

新型コロナ感染のため、東京都などで緊急事態宣言が発令されておりますが、

本公演は、5月10日現在、実施予定です。

多ジャンルの舞踊家が一堂に会して、「現代のカオス新宿」をテーマとした作品を踊り、あわせて、自由テーマ作品も上演する新宿芸術家協会舞踊公演。テューバ演奏とのコラボレーションによる詩の朗読からスタートする本公演、ご覧いただく舞踊のジャンルは、バレエ・現代舞踊・フラメンコ・インド舞踊・中国舞踊・日本舞踊・日本民族舞踊…。舞踊ファンにとって、また、舞踊をよく知らないという方にとっても、楽しんでご覧いただける、舞踊の魅力満載のプログラムとなっております。

お問合せ:03-3320-9834 スタジオK 大谷 

主催:新宿芸術家協会  共催:新宿区

後援:(一社)現代舞踊協会 

  (一社)日本フラメンコ協会 

<ご来場されるお客様へのお願い>

・当日券の販売はございません。

・ご来場時は、マスク着用、検温、手指の消毒にご協力ください。37.5度以上の方はご来場をお断りさせていただきます。

・ホール内では密を避けていただきますよう、お願いいたします。

・公演当日、受付でのチケットお預かり、プレゼント・お花のお預かりはいたしませんので、ご注意ください。

※ 今後、開催状況が変更になった場合

当ホームページにてお知らせいたします。

チェックをお願いいたします。

必見!!新宿芸術家協会公演

好評の内に終えた2019年公演から2年、2021年5月、

新宿芸術家協会が新たな舞踊をお目にかけます。

新宿芸術家協会30周年(+1)記念公演

The Dance Gathering Vol.24

現代のカオス新宿を踊る〜内藤新宿から未来へ〜

2021年5月29日(土)

17時開演(16時開場)

四谷区民ホールにて

入場料: 前売り指定席 4500円  

     プレミアム指定席 5500円

※ 現在、チケットは未発売です。

主催:新宿芸術家協会  共催:新宿区

後援:(一社)現代舞踊協会 

  (一社)日本フラメンコ協会 

多ジャンルの舞踊家が一堂に会して、「現代のカオス新宿」をテーマとした作品を踊り、あわせて、自由テーマ作品も上演する新宿芸術家協会の舞踊公演。ジャンルは、バレエ・現代舞踊・フラメンコ・インド舞踊・中国舞踊・日本舞踊・日本民族舞踊など、そして、詩の朗読まで。舞踊ファンにとって、また、舞踊をよく知らないという方にとっても、魅力あるプログラムを堪能できるはずです。

お問合せ:03-3320-9834 スタジオK 大谷 

※ 本公演は、新型コロナ感染予防対策を行なって開催いたします。劇場内での感染予防についてお客様へのお願い ご入場に際しては、マスク着用、検温、手指の消毒へのご協力をお願いいたします。37.5度以上の方はご来場をお断りさせていただきます。

本公演の開催について、詳細は随時こちらのホームページにてアップしてまいりますので、ご確認ください。

2019年新宿芸術家協会公演   わ を踊る 必見!

設立より四半世紀を超え、毎年充実した舞台を創り上げて好評を得ている新宿芸術家協会。本年も6月14日(金)に舞踊公演を開催。「わ」と読む文字をテーマに、多ジャンルの舞踊家が心を込めて創り上げた作品をご覧いただきます。

scan-001のコピー

scan-002メンバー修正済み

当協会の舞踊作家たちが取り上げた「わ」は、和・輪・和歌・神話・対話・四神のわ・WA・循環のわ・民話ですが、文字から発想されるものを元に、独自の「わ」の世界を繰り広げます。その妙をぜひ会場でご覧ください。参加作品の舞踊ジャンルはチラシ記載のとおり様々ですが、ジャンルの枠を超えて舞踊を楽しんでいただけるはず。

そして、第1部自由テーマ作品の部「ダンス・リベルテ」には、現代舞踊・コンテンポラリーダンス・モダンダンスの若手舞踊家が意欲溢れる作品を発表。また、モダンダンスの祖イサドラ・ダンカン振付のダンカン・ダンスも登場します。

少々鬱陶しい6月、四谷区民ホールにて、心豊かなひとときをお過ごしください。

会場にて、お待ちしております!

新宿芸術家協会 The Dance Gathering Vol.23

わ を踊る〜現代のカオス新宿より〜

2019年6月14日(金)18:45開演(18:15開場)

四谷区民ホール(東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅大木戸門口より徒歩5分)

入場料 前売自由席  4,000円、予約指定席 5,500円、当日 4,500円

チケットお問合せ 03-3320-9834(スタジオK)

後援 新宿区 (一社)現代舞踊協会 (一社)フラメンコ協会

#新宿芸術家協会公演 #わを踊る #四谷区民ホール #2019年6月14日 #舞踊公演 #新宿区後援 #現代舞踊協会後援 #フラメンコ協会後援 #公演予告

 

(一社)現代舞踊協会ホームページの公演予告→http://www.gendaibuyou.or.jp/c/stage-s

(一社) 日本フラメンコ協会ホームページの公演予告
 ↓

公演情報>>ANIF後援情報

 

 

公演Vol.22 彩なす色を踊る ホールリハーサル終了

昨夜、ホールにて、リハーサルを行いました。

参加の作品は今年も多ジャンルですが、どの作品も「おおっ」と目を見張るものがあり、この公演の充実ぶりを感じさせるもの。今年も観客の皆様に満足していただけるプログラムをご覧いただけると確信しました。

いよいよ本日18時、四谷区民ホールにて開演。

多くの皆様にご覧いただけますよう、願っております。

当日券もございます!!

    新宿芸術家協会    The Dance Gathering Vol.22 彩なす色を踊る 〜現代のカオス新宿より〜

2018年6月23日(土)18時開演、四谷区民ホールにて開催いたします。

現代舞踊(モダンダンス)、フラメンコ、インド宮廷舞踊カタックダンス、鳳仙功舞踊、ダンスネオシノワーズ、日本民族舞踊、一夜にして様々な舞踊を鑑賞でき、毎年好評の新宿芸術家協会公演、今年のテーマは「色」。「彩なす色を踊る」と題し、現代のカオス新宿より、充実したプログラムをお届けします。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

公演は、彩なす色を踊るプロローグ、マリンバの演奏による車椅子ダンスからスタート。つづく第1部には、現代舞踊、日本民族舞踊、フラメンコの自由テーマ作品4本が並びます。
そして、第2部は、「彩なす色」をテーマに現代舞踊、鳳仙功舞踊、フラメンコ、インド宮廷舞踊カタックダンス、7本を上演いたします。90歳を超えるベテランから若手までの舞踊家が、どのような色を捉えるか??どうぞ、四谷区民ホールでご確認ください。

上演順はチラシのものから変更になっております。皆様に楽しんでいただけるようなプログラムを提供いたします。

ご来場をお待ちしております。

6月23日(土)18時開演(17時30分開場)四谷区民ホール

新宿芸術家協会 The Dance Gathering Vol.22 彩なす色を踊る〜現代のカオス新宿より〜

前売自由席:4000円、当日自由席:4500円、限定予約指定席:5500円

新宿芸術家協会事務局  03-3360-6656     新宿芸術家協会公演事務局  TEL03-3320-9834

新宿芸術家協会公演Vol.21好評の内に終了

2017年の新宿芸術家協会公演「The Dance Gathering Vol.21 夏目漱石を踊る〜現代のカオス新宿より〜」は、6月15日(木)盛会・好評のうちに終了いたしました。(於:四谷区民ホール)

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
公演では、第1部は若手からベテランまでの自由テーマ作品集「ダンス リベルテ」、第2部は文豪夏目漱石をテーマにした「夏目漱石を踊る」をお楽しみいただきました。幅広い観客の皆様に「とても良い公演だった」との声をいただき、小学校1年生のお客様から「おもしろかった。もっと見たい」という感想も聞かれた程。観客の皆様にはそれぞれにお好みのジャンルの舞踊があっても、様々な舞踊を最初から最後まで飽きずにご覧いただけたようです。

舞踊家たちがジャンルを超えて1つの公演を作り上げる新宿芸術家協会公演。スタッフからも「この協会の公演はおもしろい」という声をいただいています。

 

当協会では、また、今秋から新たなテーマによる2018年の公演に向け、企画スタートをいたします。どうぞ、これからも新宿芸術家協会に声援をお願いいたします。

 

<公演Vol.21 観客の皆様のアンケートより>
・いろいろな種類の踊りが見れてよかったです。
・毎回楽しく見せていただいています。色々な演目で、その団体の感性等、表現等、楽しいです。ありがとうございました。次回も楽しみにしています。
・レベルの高いダンスで感動しました。
・とても楽しくどの作品も素敵でした。(女性)
・前回の宮沢賢治に続き、1つのテーマを様々な解釈で演じられて、おもしろかったです。次回も楽しみにしています。(女性)
・日頃の努力の成果を楽しませていただきました。すばらしかったです。ありがとうございました。(女性)
・全てのレベルが高く、ワールドに引き込まれました。素敵な時間をありがとうございました。(男性)
・漱石にこれだけいろんなアプローチがあるのかと、大変面白かった。出演されたダンサーの方は全てすばらしい。
・番組構成・照明・大変良かったです。時間を忘れて早い廻りでした。ヴゥラボー
・23区全部行っているが、新宿のレベルは凄い。あきない時間の配分が良い。また来たいと思った。(男性)
・様々なジャンルの踊りを組み合わせていて、大変おもしろかったです。(女性)

 

 

漱石プロ会友直しました.ss表表紙のみ

 

 

なお、10月15日(日)都立戸山公園で開催される「大新宿区まつりふれあいフェスタ2017」やくどうの広場でのステージ発表に、新宿芸術家協会も参加の予定、当協会の会員による作品を会員門下生らの出演によりご覧いただけます。こちらは、野外特設ステージで、無料でお気軽にご覧いただけます。秋の日曜日、ご家族でも楽しめるこの「ふれあいフェスタ」にもぜひお出かけください。

 

 

 

 

新宿芸術家協会 6月15日(木)  四谷区民ホールにて公演開催!!

 

お待たせいたしました!!

6月15日(木)四谷区民ホールにて新宿芸術家協会主催舞踊公演を開催いたします!!

 

The Dance Gathering Vol.21 

夏目漱石を踊る〜現代のカオス新宿より〜

 

毎回、「多ジャンルの舞踊を一夜にして楽しめる」と多くの方に絶賛いただいている新宿芸術家協会公演。今年のテーマは、生誕150年、新宿区にゆかりの深い文豪夏目漱石です。

参加するのは、テーマによる作品づくりの面白さに目覚めた、新宿芸術家協会のバレエ、モダンダンス(現代舞踊)、フラメンコ、鳳仙功舞踊(中国創作舞踊)・中国舞踊、ダンス・ネオ・シノワーズの舞踊家たち。漱石の人・作品に焦点を当てて、それぞれの切り口で舞踊作品に仕立て上げます。これに、漱石ゆかりの土地の民族舞踊、また三味線による「吾輩は猫である」を彷彿とさせる「浮かれ黒猫」の演奏、また、ベテランから将来を嘱望される若手の舞踊家による自由テーマ作品が加わり、見応え十分。今年は日本舞踊創作もご覧いただけます。

なお、当日ロビーにて、9月開館予定の漱石山房記念館のパネル展示もございます。

新宿区立漱石山房記念館HPはこちらから

 

極上の時間を過ごしていただける新宿芸術家協会公演は18時45分開演。(開場は18時15分)

会場の四谷区民ホールは、丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩5分の好アクセス。

チケット料金:自由席 前売 4000円 当日 4500円 予約指定席(前売のみ) 5500円

お得な前売チケットのお申込みは…

新宿芸術家協会公演事務局(TEL 03-3320-9834 スタジオK)まで。

 

漱石ちらし0419

 

漱石ちらし0419